走馬灯はゲームと共に

ゲームをやり過ぎて、俺の走馬灯はゲームの映像だらけになった

三国志大戦・第20書 「4/21の天下統一戦『闘将争奪戦』の結果とその動画」

f:id:bitterfly:20180406200059j:plain


4/21に行われた天下統一戦『闘将争奪戦』。


以前書いた記事の通り、鼓舞の舞+一番槍+先陣の誉れ連打デッキを使ってきた。

動画を2本撮ってきたのでそちらも併せて書いていく。


bitterfly.hatenablog.com
その時の記事




使ったデッキはこちら。


f:id:bitterfly:20180406201152j:plain


もう一つデッキ候補があったけどそっちは結局使わなかった。


対戦戦績はこんな感じ。


f:id:bitterfly:20180423134438j:plain


スタンプ埋める分だけやるつもりだったんで最後は群雄伝。

結果としては4勝1敗と上々。



今回は計略連打デッキということで、どれくらい計略使ったのか対戦履歴詳細も載せてみようと思う。




一戦目:VS8枚魅力単悲哀 〇


f:id:bitterfly:20180423134814j:plain


計略回数
鼓舞の舞:2回
黄髭の剛腕:1回
一番槍:5回
先陣の誉れ:3回
合計消費士気:43


26cで落城勝ちしたので計略回数は少なめ。
それでも、通常の試合では24弱くらいなので倍近くの士気を使っている。

前回の記事、および一番槍の士気バックが3になった時にも書いたが、今の一番槍はクソ強いと思う。
1.5が実質永久的に武力+3されるのだから弱いわけがない。

鮑信だと9/5、しかも将器で速度上昇が付くので相当強い。白兵戦では馬超と同等。


袁紹などの士気依存系デッキがそもそもあんまり使われていなかったり、漢鳴系デッキには居場所がなかったりと不遇ではあるが素晴らしいポジションの武将。

今後もしかしたら出るかもしれない、弓の一番槍が怖い所。




二戦目:VS4枚呂布公孫瓚 〇


f:id:bitterfly:20180423140402j:plain


計略回数
鼓舞の舞:1回
称誉の弱計:5回
一番槍:4回
先陣の誉れ:2回
合計消費士気:51


称誉の弱計の強さったらない。長時間呂布も武力7になるので白兵戦で優位に立ちやすい。やっぱ長時間武力低下計略は騎馬に刺さるよなー、まあ騎馬以外にも勿論強いけど。
今回は2コス騎馬に顔良を採用しているが、これR張遼とかにすれば相性抜群なんじゃなかろうか。




三戦目:VS6枚皇甫嵩曹操 〇


動画一本目。


www.youtube.com


f:id:bitterfly:20180423141015j:plain


計略回数
鼓舞の舞:2回
先陣の誉れ:4回
当たるも八卦!:1回
一番槍:3回
称誉の弱計:4回
合計消費士気:61


称誉の弱計の強さったら(ry。
動画を見てもらうとわかるが鮑信の動きが酷い。

この試合だけいつもより余計に集中力がなく、鮑信がぐっちゃぐちゃの動きに。


この日は昼寝して晩まで寝ていて、起きてから「やべえ今日イベントや!」と気付き急いで行ったので寝起きで頭が働いていなかった、という見苦しすぎる言い訳を残しておく。


今回のイベントで一番士気を使った試合。
通常時の3倍近く使っているのでめちゃくちゃ多い。


当たるも八卦が外れている点に注目。




四戦目:5枚夏侯覇 ×


f:id:bitterfly:20180423141505j:plain


計略回数
鼓舞の舞:1回
称誉の弱計:2回
合計消費士気:14



夏侯覇つええ・・・。


いつものデッキなら反逆一つで守れるんやが、鼓舞の舞舞ってから夏侯覇→増援士気士気→夏侯覇の見事なまでのクソつまらねえで城が落ちた。


開幕から結構削っていい感じに荒らせたんで余裕で勝ったなと思ってたが、落城負け。いやーカードパワーつえーデッキは羨ましいなー!という見苦しすぎる言い訳Part2。

普段から妨害計略を使い慣れていないのに今日何度も使ったせいで、所謂称誉の弱計ハイになっていた所があったのも敗因か。言っても-3やからなあ・・・。
八卦に賭けるべきだったかも?あと奥義使い忘れてた。


まあルールにデッキ縛りが存在しない時点で、こういう全国でも大流行しているドテンプレデッキ使う奴が出てくるのは仕方のない話か。




五戦目:4枚桃園 〇


動画二本目。


www.youtube.com



f:id:bitterfly:20180423142457j:plain


計略回数
・鼓舞の舞:2回
・先陣の誉れ:1回
・当たるも八卦!:1回
・一番槍:2回
・称誉の弱計:2回
・黄鬚の剛腕:2回
合計消費士気:43


全ての計略を使った唯一の試合。

相手のデッキは桃園デッキのドテンプレの徐庶馬超にした形だが、これ相手に赤壁でもいたらどうするつもりなんやろか。
桃園って、相手のデッキによって徐庶か馬姫どっちかを範囲に入れずに3枚で桃園使うっていう戦法もあると思うんやが、この相手のデッキやと騎馬どっち入れても赤壁でぶっ飛びそう。

まあ桃園とかの全カードに相棒とか忠臣とかの称号がなかったんで、普段使い慣れていない桃園をあんま何も考えずに使った感じか。


全然関係ないけど、このLE馬姫とかLE孫策とか、復刻系カードは全部声がでかいので違和感がある。
LE馬姫は元が超絶騎馬なのが号令になってるので計略セリフも合ってなくてちょっと首をかしげてしまうし、その計略セリフの一部を切り取って突撃ボイスに使いまわしているのでこっちも違和感。


元カードは性能・絵柄ともにめちゃくちゃ人気のあるカードやったが、号令+マウント役なのに適当に攻城術城城城とかを持たされてしまったあたり、復刻武将の中で一番株を下げたカードのような気がする。





今回の天下統一戦はこれで終了。
勝ち試合はどの試合も普段の倍近く士気を使っているのでめちゃくちゃ楽しかったが、これで普段の試合がつまらなく感じたらどうしよかな・・・とちょっと不安。


久しぶりにデッキに韓遂が入っていなかったので新鮮やった。ただそのせいで夏侯覇に負けてしまったが。


最終的に稼いだ玉璽は225最終順位は3074位だった。アクティブユーザー数結構多いんかな?ようわかんねえ。



仮想敵を袁紹赤壁、開幕乙暴虐や漢ワラと定めていたが一回も出ず。

皆もしかしてあれなのか?イベント毎に毎回ルールに沿ってデッキ作ったりしないで、その時その時流行しているドテンプレ強デッキそのまま使うのか?



楽しそうやなー。


f:id:bitterfly:20180423144143j:plain