走馬灯はゲームと共に

ゲームをやり過ぎて、俺の走馬灯はゲームの映像だらけになった

三国志大戦・第24書 「若者の三国志大戦離れ」

f:id:bitterfly:20180616054257j:plain


最近は三国志大戦の記事を全然書いてない。というか記事そのものを書いていない。


忙しかったというのもあるし、単に三国志大戦に興味が無くなってきたからというのもある。





最近の三国志大戦は、この『三国志大戦』という一つのゲーム内で三国志大戦1~3」を一気に消化している感じがする。

稼働当初の1.0では計略の威力、勢力のバランス、それぞれのスペックをなんとか抑えめにしようとし、ただし一部の武将はそのまま過去作のスペックを受け継いでいるので、結果ちぐはぐだった。


そして前回の1.20Aで大量のカードが追加、しかもそれらのスペックは稼働当初のカード達を圧倒的に凌駕し、亡き者にするのに十分なものだった。

過去作の「三国志大戦」も1や2は色々試行錯誤もあり控えめだったり強かったりと玉石混交だったが、3で一気に数値のインフレが加速。「なんでこいつが?」と思われる武将まで武力10になり、呂布は武力10+という下品極まりない数値になった。
10/7魅勇募とかいう頭のおかしい武将まで出てきた。



今作の『三国志大戦』はそんな「三国志大戦1~3」の歴史を忠実に辿っているように思える。一つのゲーム内で1.20Aではっきりとインフレした事は、プレイしている人が一番わかっていると思う。
まあ最初から曹操とかぶっ飛んだスペックの武将使ってる奴らは実感ないかもしれんが。



個人的には色々と試すのは良い事だと思うが、じゃあ昔の奴らもそれに応じて引き上げてやってもいいんちゃうか。特に韓遂さんをよぉ!

環境がずっと大威力の号令ぶっぱデッキか、騎馬集めたデッキか弓集めたデッキで内乱狙うだけのしょっぱいデッキの2種類でしか回ってないっていうこの手詰まり感に、この閉塞感にたまらなく窒息しそうになってしまう。
この三国志大戦が稼働して以来、灰色の雲がずっと空を覆っている。



かと思えば復刻カードの人気投票と一切関係ない武将を復刻したりしている。

過去作のカードを復刻してそれがめちゃくちゃ喜ばれるって、じゃあそれもう三国志大戦3でよくね?そして喜ばれるからって安易に過去作のカードを復刻する運営開発ってめちゃくちゃ情けなくね?
自分達が今作で作った要素が何一つ喜ばれていないという自覚はあるのだろうか。




とかまあなんとかかんとか色々と思ってたら、だんだん三国志大戦に興味がなくなってきて、イベントやバージョンアップがあっても記事にしなくなった。9連敗くらいして階級落ちまくったのも理由の一つ。



今度もイベントがあるし、一応参加はすると思うが記事にはしないと思う。いや、一応「こういうデッキで参加した」という事後報告だけはするかもしれない。


なんにせよ、時代の流れ、プレイヤー層の変化、開発の意欲の低下、それらが全て混ざりあって、ビンの底に沈殿したブヨブヨした塊だけをこねて作ったような感じの今の「三国志大戦」には一切魅力を感じないし、どんどんプレイ頻度も熱意も無くなっていくだろう。



ソシャゲや量産型っぽいしょうもないイラストばかり揃え萌え萌えした女武将だけがSRやRになり、プレイヤーらは自分でデッキを考えて楽しむことをせず強カード強デッキでのミラー対決で人生を無駄に消費し、開発は三国志の事に、三国志大戦」の事に興味がないのがあからさまな運営を繰り返し復刻カードという過去の栄光に縋りつくだけ。



エロ動画でも見てシコってる方が有意義だエロ動画でも見てシコってる方が有意義だ。